その他のお祝い

その他のお祝いとしては、やはり、大変な大病などをしたりしてから見事にそれを乗り越えて、病院を退院したりする際にその記念祝いとして、この胡蝶蘭のギフト類が送られたりするようなケースなども少なくはありません。このようなケースでは、その患者さんご自身が生死の境を彷徨ったりして、周囲にいる自分以外の多くの入院施設関係者の方その他の人々からの協力などのもとに、退院が出来たなどといった事情のあり方がありますので、こうした高値の記念花類が大病退院者へ様々な縁故者の方から贈られたりするような傾向があるものといえます。

もう1つのケースとしては、社会的にも何らかの学術面での功績とかがあったりした方などへ贈られたりするような例です。この場合は、その対象人物である本人がいる職場や居住地域の自治体、国、関係性のある部外者の方などから、その功績を祝う証の形という意味で、胡蝶蘭が贈られたりするようなパターンですが、その功績となる本人による偉業自体の社会的価値が大変大きい場合に、今後の社会面においてのあり方を変えたりしていけるような影響力や可能性などを秘めている事を理由に、そうしたあり方を祝うという意味で贈られるようなケースといえます。その他、様々なケースがありますが、それらについてはここでは割愛をさせて頂きます。今まで話した内容の通り、社会全体において、何らかの大きな存在的実現をしたりした際に送られるような、花のギフト類である事には間違いがありません。