胡蝶蘭のギフト

元々、この「胡蝶蘭(こちょうらん)」という植物自体は我が国日本が原生地ではなく、赤道付近の諸地域などを中心に、オーストラリアから中国南部あたりの熱帯部地域を原生地として生きてきた植物で、明治期末あたりに我が国内へ輸入をされてきた観葉植物類の一種にあたります。この植物の生育面での大きな特徴としては、光と温度、湿度の3者がとても大事であり、15度以下の気温になると睡眠状態になったりしますので、このため手入れや発育方法などにおいての難しさがあり、売買面での相場なども大変高値であるという現状があります。

こうした事などもあり、この胡蝶蘭のギフトに関しては全般的にどの販売業者や生産者などが扱う商品も、高値の購入価格の相場で販売をされているような状況にあります。1つあたり指定価格のミニタイプのものである3千円台のものから、最高値では10万円以上ものがありますので、決して安い購入価格の相場の現状であるものとはいえません。

それでもこの花の華やかさは、見る人の目を大変引き寄せるほどの大きな魅力を有していますので、その美しさと先程も幾らか触れた手入れの難しさなどと相埃って、それなりの価値が販売価格でのあり方に出ているものといえます。配送なども、販売業者による指定を受けた各配送業者が責任を持って行うようなシステムになっていますので、とても安心できます。配送料金は、1鉢あたり約1千円程度になりますのでやや高めといえますが、これもこの花ならではの価値に合わせた料金相場といえますので、了承しておく必要があります。